老人施設で働くなら臨床経験が役立つ

老人施設で働くなら臨床経験が役立つ

老人ホームなど高齢者施設の看護師として働くなら、臨床経験があったほうが有利となります。高齢者の方が多いと言う事は、それだけ急変も起こる可能性があり、万が一の時にきちんと対処できる経験と知識が必要となってくるからです。新人ナースなどこう言ったときに戸惑う事もあり、終末期の事を理解できてから勤めるほうがおススメです。

 

特に高齢者施設では医者が常に常駐していない事が多く、万が一の時は看護師の判断が重要視されています。夜間に直ぐ対応できない時にはどうしたら良いのか、対処方法も知っておく必要があるでしょう。場合によっては救急搬送が必要な時もあります。このような急変の対応は、事前の心構えと豊富な経験があると良いです。もし、自分の判断が誤ってしまい、患者さんの病状が悪化してしまった時には責任を感じてしまう方も居ます。終末期となる方も高齢者施設には入居している事を把握しておいて下さい。

 

また、高齢者は喉に食べ物が詰まってしまう事も多いです。ちょっと前までは元気だった人でも、数時間後には助からなかったり。それをいちいち責任を感じていたら、身が持たなくなってしまうため、強い精神力も必要なのではないでしょうか。