ディサービスの看護師の役割って?

ディサービスの看護師の役割って?

ディサービスの看護師の役割とは何なのでしょうか。役割が少ないと葛藤を抱える方は多いようです。病院などと比べると医療行為もかなり少なくなりますし、ディサービスとなるとその時にできる看護も限られてくるからです。ディサービスはケアマネや福祉士などが中心となって活動を行なう事が多く、看護師の立場が低いと感じられてしまう事もあります。もっとやりがいを求めるなら、夜間なども対応できる老人ホームに入所している方への対応のほうが良いかもしれません。

 

特に病棟での勤務を経験された方にとっては、ディサービスではやる事の違いが出てしまうと思ってしまう方は多いです。急性期の患者さんを担当しない、ゆったりとした気持ちで看護がしたいという希望があるなら良いと思います。高齢者への対応となるため、自分も時間が遅くなったような感覚になる方も居ます。

 

看護師がディサービスで役立てる事と言ったら、小さな事でも医療に関わる事が出来ると言うことでしょう。また、看護師は病気に関する知識や薬の事を詳しく知っている事を生かし、万が一の際に役立てる事もできます。毎日がゆるい看護生活だと、だんだんと刺激も少なくなって医療行為自体を忘れてしまわないように注意する事をおススメします。